外食産業へ派遣している業者を活用する際の注意点

飲食店経営者の悩みの一つとして、社員やアルバイトの人員が急に辞めてしまったり、忙しい時期だけ働いてくれる人材が欲しい、短期採用の人材の処理が面倒等の悩みがあります。外食産業での人員の変動は激しく、急な退職は日常茶飯事です。そこで派遣会社を選択される方もいます。派遣会社活用する際のポイントは、「求める実績を持つ人材を派遣してくれる会社」とのマッチングです。例えば、実績が豊富で柔軟なサービス体制が整っており、高度な技術を必要とする専門人材を扱っていることです。また、外食産業では、接客業の心構えもとても重要なスキルの一つです。派遣する前に派遣会社が教育し、直ぐに即戦力として働くことが出来る事が大切です。更に労働時間に関しても、フルで働ける方、土日のみ、週に2日等様々な時間帯で派遣が可能かどうかをチェックすることが活用する際の注意点です。

外食産業の中での派遣とアルバイトの違い

外食産業での派遣とアルバイトの仕事内容には大きな違いはないです。アルバイトより、時給が少し高い程度です。学生の頃、飲食店でアルバイトの経験があることから、外食産業へ派遣希望の方は多いです。仕事内容とすれば、調理を主とするキッチンスタッフ(男性が多い)と接客を主とするホールスタッフ(女性が多い)がいます。キッチンスタッフは、料理や盛り付けを行います。メニュー作りの方法はマニュアル化されているので、正確さや手際の良さが求められます。ホールスタッフはお客様をお迎えした入り、席に案内したり、注文の受付等を行います。常にお客様と対峙するからマナーや愛想の良さが問われます。派遣とアルバイトの違いは、契約を仕事先と結んでいるか、派遣会社と結んでいるか。と期間が定まっているか(有期雇用の更新制)くらいで仕事内容に大きな違いはありませんので基本的な理解が必要です。

外食産業に派遣されるスタッフの必要な資格や労働環境について

外食産業に派遣されるために必要な資格というものは特にない。調理師免許やレストランサービス技能士・栄養士・ソムリエなどの資格があれば、派遣しやすかったり、時給が良かったりと優遇はされると思います。しかし、無資格・未経験だとしても働ける業界です。外食産業の時給相場は、1200~1500円と言われています。チェーン店のアルバイトよりは高いように感じます。労働時間に関しては、シフト制が多いと思います。今は少なくなってきましたが、24時間営業している店もありますので、早出・遅出などがあり交代制で勤務となります。深夜勤務に関しては割増賃金が入りますので、日勤より高い給与が期待できます。しかし、全業界で言われていますが、人手不足ですので、土日・祝日等の休みは取り、残業も多少なりともあります。外食産業はニーズが高いので、今後労働環境の改革を国として考えて行く必要があります。